<h1>γ-GTPの数値が高くなる原因</h1>

γ-GTPの数値が高くなる原因

γ-GTPの数値が高くなる原因γ-GTPが気になるという方は少なくありません。
ではなぜ、それほどまでに、γ-GTPの数値が高くなるのでしょうか?

 

一般的に肝機能が悪くなるのは、お酒のイメージがあると思います。事実、飲酒から、γ-GTPの数値が高くなることもあります。

 

嗜好のお酒に限らず、みりんや栄養ドリンク、ノンアルのお酒でも、数値は高まるとされているのでご注意ください。

 

ただ、ここで知っておきたいことが、γ-GTPの数値が高くなる原因は飲酒のみではないということです。

 

まず、現代人に多いとされる「肥満」の方です。飲み過ぎ同様に、食べ過ぎも身体によくなく、同時にγ-GTPの数値を高める要因になります。

 

また、検査前に脂っこいものを食べたり、油脂を摂り過ぎた場合にも同じように数値が高くなるので注意しましょう。

 

運動不足も同じく、γ-GTPの数値が高くなる傾向にあると言えます。食生活が悪い方も、運動不足の方も、その習慣が起因になっているかもしれません。

 

続いて、病気が起因している可能性です。胆道系や胆汁性の病気を発症している場合においては、γ-GTPの数値が高くなります。

 

そもそも、肝機能の状態を数値にしたものですから、何らかのトラブルが起きていると考えた方がよいでしょう。

 

最後に、薬物療法が、その高数値を招いているのかもしれません。現在何らかの病気の治療中で、ステロイド薬や抗てんかん薬、抗けいれん薬、向精神薬などの薬を用いてる場合、その薬が引き金になっているかもしれません。

▲TOP