<h1>γ-GTPの数値が低くなると…</h1>

γ-GTPの数値が低くなると…

γ-GTPの数値が低くなると…当サイトでは、肝機能のγ-GTPの数値を下げる方法をご紹介していますが、あくまで基準値より高い方に向けて発信しています。

 

もともとγ-GTPが低い方は、当然ながら、それ以上下げる必要はありません。基準値を維持するように努力してください。

 

ちなみに、γ-GTPが低い場合のリスクですが、たとえば、コレステロールなどは低すぎると、かえって体に悪いと言われています。こういった情報から、γ-GTPが低い方は、「どこか悪いのかもしれない」と不安になるかと思います。

 

しかしながら、現在の医学的には、γ-GTPにおいて数値が低くても病気のリスクはないとされています。血液検査で数値が低かった方はご安心ください。もし不安がある方は、医師に診てもらうとよいでしょう。

 

γ-GTPの数値は基本的にお酒に反応しやすいため、日ごろから飲酒しない方ほど低くなりやすいそうです。性別でも違いがあり、ホルモンの関係から女性は低い数値が出やすいとされています。(そのため、基準値は男女で違いがでます。)

 

また、妊娠によっても変動することがあります。

▲TOP