<h1>お酒以外のγ-GTPの数値が高い理由</h1>

お酒以外のγ-GTPの数値が高い理由

お酒以外のγ-GTPの数値が高い理由肝機能が悪くなる主な原因といえば、お酒が思い浮かぶかと思います。事実、それは間違っていません。

 

肝機能の数値であるγ-GTPが高くなる理由も、お酒が当てはまります。継続的にかつ検査前にもお酒を飲んでいると、γ-GTPの数値が高くなります。

 

一方で、全くお酒を飲んでいないにもかかわらず、γ-GTPの数値が高いという悩みを抱えている方も少なくありません。

 

肝臓の病気は非アルコール性も多く、お酒以外の要因は多々あります。

 

お酒以外の肝臓の病気の要因

  • 肥満、食べ過ぎ
  • 脂っこい食事のとり過ぎ
  • 運動不足
  • 服用中の薬の影響

 

これらにあてはまるものなどが、γ-GTPの数値を高める原因になっています。
また、不思議に思われるかもしれませんが、ノンアルコールのドリンクや栄養ドリンクでも、γ-GTPの数値が高くなるとされています。

 

普段からお酒を飲んでいて、検査前日のみ飲酒を控えたとしても、これまでの飲酒がたたって数値は高くなりますし、普段から飲酒されない方も、他の要因からγ-GTPの数値が基準値を超えることがあります。

 

食事面や運動不足などに思い当たる節のある方は、そこを見直していきましょう。また、薬においては、抗けいれん薬や抗てんかん薬、向精神薬、ステロイドなどが反応します。これらの薬物療法を行っている場合は、医師に相談してください。

▲TOP