<h1>γ-GTPの数値を調べる方法</h1>

γ-GTPの数値を調べる方法

γ-GTPの数値を調べる方法肝機能の状態はセルフチェックしにくいため、定期的に検査をおすすめします。

 

γ-GTPの数値は、「血液検査」で分かります。

 

会社の健康診断などでも検査できるかと思います。そのような定期検診を利用するほか、個人での定期検査も行うとよいでしょう。

 

主婦の方も、定期検査を実施している病院で検査してみましょう。(検査費用に関しては病院によるため、事前にご確認ください。)

 

病院によっては、「肝機能検査」としているところもあります。いずれにしても、採血によって検査を行います。

 

採取した血液を遠心分離器にかけ、自動分析器で赤血球や血清を分離し、血清部分を使う検査になっています。

 

γ-GTPの数値が高い場合、脂肪肝や肝炎、肝硬変、肝がんといった肝臓の病気(肝臓障害)のリスクが高まるため、定期検診を推奨している機関も少なくありません。

 

現時点での自分自身の健康状態を把握するためにも定期的に調べるようにしましょう

▲TOP