<h1>γ-GTPを下げる生活習慣@良質な睡眠の確保</h1>

良質な睡眠の確保

γ-GTPを下げる生活習慣@良質な睡眠の確保γ-GTPの数値は特別な治療を行わなくても、生活習慣の中で下げていくことができます。第一歩目は、生活習慣の改善です。

 

真っ先に禁酒を思い浮かべるかと思いますが、それだけではありません。実は、γ-GTPの数値を改善していくためには、「睡眠」も重要とされています。

 

睡眠不足で、しっかり疲れがとれていないと、肝臓も疲れきってしまいます。
肝臓は常に働いている臓器のひとつであるため、睡眠不足になると肝臓に大きな負担がかかり、数値も悪くなってしまうのです。

 

睡眠不足を解消しただけで数値が驚くほど下がるというわけではありませんが、改善の一歩として睡眠を見直してみましょう。

 

また、単純に睡眠時間を長くするだけでは不十分です。長い時間寝ていたとしても、良質な睡眠がとれなければ体の疲れは取り除けません。”良質な睡眠”を意識してください。

 

たとえば、夜遅くまでパソコンやテレビを利用する、寝る前にアルコールやカフェインを摂るなどの行動は不適切です。

 

十分にリラックスして良質な睡眠がとれると、寝ている間に肝臓の修復作業も進み、脂肪も燃焼されやすくなり、γ-GTPの数値にも変化が出てきます。

▲TOP